ケータリングの動向

現在のケータリング業界においてのサービス内容は多方面に渡っており、料理や飲み物の提供はもちろんのこと、会場や音響設備のセッティングさらには演出までと広範囲に渡っています。また、ひなまつり、クリスマス、忘年会といった行事や誕生日等のお祝い事にもサービスは広がっています。

 

現代の不況状況の中、新しい経営方向としてケータリング事業を起こす事業者が増える傾向にあり、新事業の確立としてその市場は拡大しつつあります。

 

しかしながら、料理品小売業の売り上げは徐々に下がっており、現在の需要としては冠婚葬祭がほとんどであるが、元々の事業内容が仕出し料理屋であるから、認知度としては下がることはなく、さらに低価格の新しい料理プランが増えていくと思われます。さらに、色々な活用方法としてこのサービスが利用される可能性がある為、市場規模は徐々に拡大していくと思われます。

 

ホームパーティーやちょっとした家庭内のイベント等、わざわざ外出して行う手間を省き、気軽に楽しむ方法としてこのサービスを利用したり、高齢化社会が進むにつれて、高齢者が家に居ながら食事ができるサービス等、その利用価値は様々な需要を呼び込んで広がっていくと思われます。今後、このサービスがさらに充実した内容と価格を提供していくかが大きな課題となるでしょう。

 

消費者の志向が外食から屋内型の食事形態に変化していく中、高齢化社会を迎えお年寄りの食事宅配サービス等、そのニーズに対応していくことでさらに拡大していく食品宅配市場。特にこのケータリング業界が果たす役割は大きな比重を占めて行くと思われます。