ケータリングをシチュエーションで使い分ける

12月といえば子どもたちが自分の誕生日の次に楽しみにしているといってもいいほど楽しみなイベントのクリスマスがあります。
クリスマスのときに親やサンタさんから貰うプレゼントはみんなの楽しみの1つだと思います。

 

プレゼントを貰うのも嬉しいと思いますが、いつもは野菜炒めとご飯に味噌汁と質素な夕食がこの日だけは
食卓テーブルにチキンやケーキそしてキャラクターがついたシャンメリーなどが並べられ子どもだけでなく大人もウキウキします。
ですが、豪勢な料理を母親が一人で作るのは手間隙かかります。

 

母親が主婦の場合は料理に時間をかけてもいいですが共働きの場合は時間がなく短時間で豪勢な料理を作るのは難しいため
ケーキとチキンをお店でテイクアウトして家で食べるという家庭も多いと思います。

 

最近では誰かの家に集まってクリスマスパーティーをするということも増えてきており料理をするのが大変なことがあります。
そんな時はケータリングを使うと便利です。
ケータリングは調理から配給までしてくれるため時間短縮にもなりますし最近ではクリスマス用の料理を提供してくれるケータリングもあります。

 

また会社でクリスマスパーティーを行う際にもケータリングをする会社が増えてきているようです。
やはりクリスマスのケータリングなので普段のケータリングと比べると値段は少々高めになってしまいます。

 

今までケータリングは主にホテルなどが行っていましたが
最近では某大手インターネットサービス会社がケータリングの事業を行なったりとクリスマスケータリングの選択枠が増えてきています。
 

様々な規模のケータリングサービス

ケータリングといえば、大会場か、大広間に料理人が来て、その場で料理、もしくは料理パフォーマンスを行い、
会場の人を楽しませ、出来上がった沢山の料理を楽しむものだと考えている方も多いように思えます。
しかし、最近では、そのような大規模な物ではなく、小規模なケータリングサービスも増えてきています。

 

 

 

その違いはなんでしょうか。
大規模なケータリングサービスとは前述のとおり、その場所がまるでホテルレストランであるかのようにその場所をつくろい、
その場で調理、提供するというもので、スタッフ・シェフもたくさん必要と言うのが現状です。
用途も、会社のパーティーであったりと人数に関してもかなり多くの人を要するパーティーであるというのが一般的と言えるでしょう。

 

一方で、小規模なケータリングサービスでは、スタッフが来てテーブルウェアと料理のセッティングのみと言いう簡単な、
しかし料金的にはかなりリーズナブルな物から、数人のシェフやスタッフが来て、その人に合った料理の提供をしてくれるという、
少し値は張りますが生での料理がみられるプランなど、多彩な形態の物があります。
基本的には、料金を抑えたいか、個人に合わせてくれるかのなどの内容と、利用する人数、自分の予算で決めるのがよいでしょう。

 

ケータリングサービスにも小規模・中規模・大規模と種類はたくさんあります。
自分の用途に合うケータリングサービスはどれくらいの規模の物が妥当であるのか、
よく調べて、見極め、良いケータリングサービスの選択をしていくのが良いと思われます。

更新履歴